04: 実践ビジネス英語の最近のブログ記事

今回は、単語の9割は覚えるな、という本をご紹介します。

この本、同時通訳者で英語学習サイトを運営している宮本大平先生による初著作で、同時通訳者の門外不出のテクニックを公開しているもの、となっています。

その中身ですが、日本語ネイティブが英語を話す際に、なるべく単語や文法を間違えないように、万能単語と万能表現を紹介しているものです。

万能単語とは、複数の、類似した、しかし微妙に使い分けが必要な単語群に対して、どの場合にも使える単語のことを言うようです。

万能単語として、最初に紹介されているのはmeetです。「会う」には、「約束をして会う」の意味でsee, 「偶然会う」の意味でcome across, run into, bump into, encounter等がありますが、これらすべてがmeetで表現できるというのです。

日本語で「会う」と言いたいときは、meetを使う、これが英語初心者が流暢にスピーキングするときのコツであり、同時通訳者も使っているテクニックということです。

一方、万能表現とは、日本語の文の語順を変えずに、そして、文法ミスをなるべくしないような表現のことです。

文法ミスをしない表現とは、時制の一致を考えなくてもよい表現、日本人には難しいとされる関係代名詞、無生物主語を避ける表現、などです。

本書で紹介されている万能単語、万能表現は、スピーキングにおいて、多くの語彙の選択に悩まずに、また、文法の選択に負荷をかけずに、しかも、文法的には正しい英語を即座に作るテクニックとして有効であると感じました。

著者が他のところで語っているのですが、日本語から英語への変換を瞬間的に行うのが同時通訳者には必要なスキルであり、そのためには語彙の選択と、文法操作に負荷をかけることない万能単語と万能表現が有用ということです。

もちろん、リスニング用に「残り9割」の単語や文法表現を知らないと、理解できないでしょうし、著者も英語を極めるためには、残り9割の単語や、文法をすべて覚えてくださいと言います。

私も、これらの万能単語、万能表現を使うことによりスピーキングを流暢にしていきたいと思います。


一足早く、GWの旅行に福岡に行ってきました。

福岡空港から地下鉄で裁判所に直行し、審理を軽く傍聴した後、舞鶴公園(福岡城址)を見学して、博多一幸舎 大名本家でまずはラーメンを。六本松へと歩き、教養校舎跡地と、かつて住んでいたあたりを散策(当時の下宿はアパートか何かに建て替わっていて見つからず)。護国神社から、大濠公園経由で再び裁判所に行き、新件を傍聴。地下鉄で箱崎へ向かい、今はもう使われていない大学校舎を見学。かつての学生生活に思いを寄せつつ、筥松の住んでいたアパートがまだ残っていたことに感動。

中州のゲストハウスにチェックインし、おすすめのもつ鍋屋を教えてもらい、楽天地 天神本店で一人もつ鍋。その後、日本銀行前の屋台バーえびちゃんで軽く飲んで、隣のあやちゃんでうどんを。博多の人はラーメンよりも、うどんをよく食べるそうです。

あやちゃんでは、地元の方に餃子の天ぷらをおごっていただきました。うどんなどに入れるそうです。明朗会計でおすすめです。

翌日は、リゾート列車 ゆふいんの森号で大分県の由布院へ。車内でゆふいんの森弁当。

ゆふいんの森号は韓国、中国からの観光客でにぎわっていました。隣の席には、一見して鉄道マニアとわかるアジアの若者がいたので英語で軽く会話をしてみました。香港の近くの町から来たというので、深センなら行ったことがあると言いたかったのですが、深センの英語読み(Shenzhen)がわからず、やや手間取りました。この中国人の若者が英語を話せるということに少しばかり驚きました。
 
事前に、特急「ゆふいんの森」殺意の女 という小説を読んで予習しておきました。由布院では、この小説に出てきた天井桟敷という喫茶店にも行きました。予想とは違う格式の高いカフェでしたが、とてもくつろげました。観光案内所で聞いた共同浴場(200円)にも入りました。

由布院の5時間の滞在の後、福岡にとんぼ返りし、夜は華味鳥 西通り店で一人水炊き。大変おいしかったです。

その夜、ゲストハウスで広島から来た若者に当世ゲストハウス事情を教えてもらいました。ゲストハウスとはドミトリー形式だと3000円ほどで泊まれる安宿のことですが、ユースホステルとかバックパッカーズハウスなどと同じようなもので、外国人旅行者に多く利用されているということです。全国にあるようなのでまた利用してみたいです。今回泊まってみて、何の問題もないなと思いました。

三日目は、西鉄の特急で柳川へ行き、川下りの後、民芸茶屋六騎で鰻のせいろ蒸しを食べました。今回の旅行での一番はこの川下りです。ぜひおすすめしたいです。

西鉄特急で大宰府へと戻ります。名物梅ヶ枝餅を頬張りながら参道を歩きます。4歳まで福岡市に住んでいて、大宰府にも来たことがあるらしいのですが、記憶にはありません。しかし、梅ヶ枝餅の味は覚えています。

太宰府天満宮で英語上達を祈願した後、隣接する九州国立博物館へ。ここは福岡という土地柄、アジアとの交流を重視した展示となっており、常設展示の太古から近代までの展示を満喫しました。

西鉄で福岡へと戻り、博多純情らーめんshinshin天神本店で博多グルメを〆ました。ここのラーメンは初日の一幸舎よりも好みでした。地下鉄で空港へ行き、帰京。


今回の旅行は、天候にも恵まれ、大変充実していたといえるでしょう。福岡には観光ポイントはあまりありませんが、福岡を起点として周辺に行くとか、後はグルメを楽しむのだろうと思います。


P_20170428_150534.jpg
2017年度の放送が始まりました。本年度も頑張っていきましょう。

ビジ英に加えて、今月よりラジオ英会話も始めました。
ダイローグは短く、暗記もしやすいですね。


会社のトーストマスターズクラブ主催の英語落語のイベントで、喜餅さんの英語落語を見ました。

喜餅さんは、トーストマスターズクラブ会員でもあり、純ジャパの英語学習者であるということで、Q&Aコーナーで英語学習についてこんな話がありました。

英語学習のやる気が出ないときは、英語に関連する息抜き、例えば英語の映画、歌などにしているそうです。

私の場合、息抜きは英語以外のものなので、これは再考の余地ありです。

トーストマスターズクラブにも興味しんしんです。

喜餅|Kimochi

今年の「実践ビジネス英語 リスナーの集い」の日程が決まったそうですのでお知らせします。申し込みできるようになりましたらまたご連絡します。

日時: 2017年7月1日(土) 14:00-16:30 (13:30受付開始)
会場: 日本外国特派員協会(東京有楽町)
一泊二日で徳島を旅行してきました。

人生3度目の訪問ですが、今回は鳴門の渦潮、徳島ラーメン(東大、いのたにの二店)、阿波踊り会館、眉山、夕食は阿波雄鳥、徳島地方裁判所、徳島中央公園(城跡)、徳島城博物館、大塚国際美術館という流れ。

徳島ラーメンは初でしたが、こんな名物があったのですね。豚骨醤油味で、生卵をトッピングするのが特徴でした。

阿波踊り会館では、40分間の生阿波踊りショーの中で実際に踊ることもできました。

大塚国際美術館は鳴門の渦潮の近くにあり、日本一高い入場料(3000円以上)でしたが、世界の名画のレプリカが陶板に描かれています。大塚製薬グループが作った美術館です。

一泊二日でしたがリフレッシュできるものですね。

P_20170328_110050-EFFECTS.jpg


子供にお金についていかに教えればよいかはアメリカではよくある話題のようで、関連記事が多く見つかります。例えば以下のようなものです。

https://www.daveramsey.com/blog/9-ways-to-teach-your-kids-about-money

http://www.usatoday.com/story/money/personalfinance/2015/12/19/adviceiq-children-money-tips/77510340/

日本語でも同様に記事はいくつも見つかりました。お金の教育は小さいころからの時代ですね。


「A LIFEの寿司屋の大将に学ぶ仕事術」

先週、会社でちょっとしたミスをしてしまいました。簡単にいうと、想定された質問への準備を怠った、ということなのですが。ちゃんとシミュレーションしていれば起こらなかった「事故」でした。

そこで思い出したのが、キムタク主演ドラマのA LIFEです。難しい手術を控えた外科医のキムタクは、父親である寿司屋の大将からこう言われます。職人というのは準備に準備を重ねて客に最高のものをお出しするものだ、外科医のお前だって職人だろう、と。

それを聞いたキムタクはその足で夜、病院の手術室に行きます。そこにはその日キムタクから技術が低いと言われたオペナースが器械出しの練習をしています。キムタクは自分の発言を謝罪し、一緒に翌日の手術の練習をするのです。

ということを思い出した私は、準備を入念に行い、再挑戦を無事クリアしたのでした。

サラリーマンはいわば現代の職人。入念に準備をする、これは多くの方に当てはまる仕事術といえるでしょう。

この回はキムタクの天才外科医ではない人間味が垣間見られました。そんなA LIFEも本日最終回です。


Careful preparation is a must for any job.


現在、61~90を暗記中です。

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

(5)で、you should never forget that what you wear means busines と出てきます。

日本語訳では、着ているもので本気度がわかることを決して忘れてはならない、とあります。

ここで、mean businessが「本気である」という意味となります。

Words and Phrasesで取り上げてほしかった表現です。


こちらの記事もご覧ください。

日経ビジネスDIGITAL オフィスで使える英会話
仕事とは「本気」を意味する言葉(2012年3月8日版)

ホープイングリッシュ
「真剣で有る、本気で有る」- Mean Business
(音が出るのでご注意ください)


現在、31~60を暗記化中です。

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800


(2)で紹介されている、会計事務所が公開したというドレスコードの動画を見つけましたので紹介します。Crowe Horwathという会計事務所です。



この動画を紹介した記事も紹介します。この記事を一読していただくと、ビニエットのよい復習になります。

The Office Workers Left Behind by the Casual Dress Revolution

「NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800」
を全暗記するプロジェクトを開始しています。

2週間で30個ずつ覚えるということにして、この2週間で30個覚えました。その中で英文がよくわからないものがありましたので、教えてください。

30番ですが、
Tess filed a claim to protest getting three-fourths the pay for the same workload as Joe.
(テスは、ジョーと同等の仕事量に対して4分の3の報酬しかもらえないことに抗議して、補償金の支払いを請求した。)

このthe payはなんなんでしょうか。
掲示板にてお待ちしています。


NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

2017年5月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち04: 実践ビジネス英語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは03: メルマガです。

次のカテゴリは05: 英語学習本の紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。