05: 英語学習本の紹介の最近のブログ記事

I hope you're having a good day.

7/8に、Vital Japan 154th Session 世界を舞台に英語で勝負(Speaker 杉田先生)に参加しました。とても多くの人が飯田橋に集まっていました。

杉田先生の新著 成長したければ、自分より頭いい人とつきあいなさい
~グローバル人材になるための99のアドバイス~ の中からのお話や、出版に関する逸話などをお話しされました。

6人テーブル毎のワークも2度あり、一つ目は自らのポジショニング(自分が何のNo.1か)を披露しあうというもの、二つ目は自分が認識している自分が相手に与えるであろう第一印象をまず話し、次にグループメンバが感じた自分の第一印象をフィードバックする(両者にギャップがあるか)というものでした。

印象的だったのは、自分が誤解されやすいと感じる人は、自分のことがよくわかっていないのではないか(他の人の認識が実は正しいのではないか)、という先生のお言葉でした。


アマゾンで16人から五つ星をもらっており、引き続き絶好調な杉田先生の新著、

成長したければ、自分より頭いい人とつきあいなさい
~グローバル人材になるための99のアドバイス~

ですが、この中で

英語が思うように使えないのは、語彙が圧倒的に不足しているからだと自覚することが英語上達の第一歩です。(26ページ)

とあるのですが、では、どうやって単語を覚えればよいかという話です。

同時通訳者の英単語暗記メソッド111 工藤紘実 (著)は、同時通訳者が実行する111の単語暗記メソッドが書かれてあります。

最初は、ふんふんと、納得の単語暗記法が書かれてあるのですが、後半になると、同時通訳者がいかに時間を捻出して単語を暗記しているかが書かれてきます。

それが鬼気迫る感じなのです。同時通訳者って大変だなあと思いました。


111番目が「玄関先のドアの内側に英単語を貼って暗記する」というものですが、私が最近始めた112番目のメソッドをお教えしましょう。

それは「キッチンの壁に英単語を貼って暗記する」です。皿洗いをしながら暗記をします。

暗記はやる気がなかなか起きないものですが、例えば皿洗いとセットにすることで、一つ二つ暗記をしていく中で、調子が出てきます。

しかし、皿がなくなってしまうと、そこを離れなければならなくなり、暗記もやめなければなりません。暗記作業を続けるために、もっと、皿が欲しい、give me more platesという心理状態になることが多いです。

Have a good rest of the day.

前回の配信において、pleasantryのスペルを間違えておりました。
謹んで訂正いたします。


(1)で、ジョニーアップルシードがでてきますが、アメリカでは偉人のようで、私も向こうの公共図書館で子供用の自伝を読んだことがあります。これです。

Who Was Johnny Appleseed?

子供用自伝としては、この Who Wasシリーズ(存命の偉人はWho Isシリーズになります)をよく読んだものです。



そんなことより、いよいよ杉田先生の新著、

成長したければ、自分より頭いい人とつきあいなさい
~グローバル人材になるための99のアドバイス~

が発売されましたね。

早速読みましたので、内容をご紹介します。

この本は、英語をキーワードにしながら、キャリアについての杉田先生のアドバイスが満載となっています。

必ずしもグローバルキャリアに向けてのアドバイスとは限らない一般に通用するものも多いですが、英語を軸にしていますから、グローバル的な方面の話題が基本ではあります。

ビジ英リスナーには、なじみ深いお話も多数含まれており、ビジ英のテキストを読んでいるかのように感じる部分もあります。

英語学習については最初のあたりに多く書かれてあり、私に刺さったのは次の二か所でした。

漫然と一日中英語を聞いていても、それはただの雑音にしかなりません。それよりも10分でも15分でも集中して聞くほうがずっと力になります。(23ページ)

英語が思うように使えないのは、語彙が圧倒的に不足しているからだと自覚することが英語上達の第一歩です。(26ページ)

はい、頑張って暗記に励みます!

また、時間管理についても所々でその重要性が述べられており、時間を管理し、自分の人生をコントロールする、というのが大きな幹となっているように感じました。

初めて聞いた先生の転職エピソードもあり、とても興味深く読ませていただきました。

さらには、私がここ15年ほど所属しているビジ英を使った勉強会である「東京英語勉強会」のことを、リスナーが作っている勉強会の1つとして取り上げていただいたことは望外の喜びです。

これからは「杉田先生ご推薦」勉強会として活動していきたいと思います。


ビジ英の世界感的魅力がギュッと詰まった、そんな本です。

先日、LINE株式会社 上級執行役員の田端信太郎さんの講演を聞いたのですが、Eメールはマーケティングツールとしては時代遅れだそうです。

現代のユーザは広告のEメールなどは読まなくて、皆、スマホで、それもブラウザではなく、アプリだそうです。

LINEはよく使われるアプリの1つなので、マーケティングプラットフォームとして使われていると話が続きました。

確かに、Eメールはすでに個人間のコミュケーションでほぼ使われなくなりました。

ただ、ビジ英の次のレッスンは、メールのエチケット、ということで仕事ではまだメールは使われそうです。


ところで、メルマガというメディアはどうなのでしょうね。

本メルマガも10年ほどになりますが、最近、購読ユーザ数が減ってきているんですよね。

原因はEメールそのものが古くなってきたことですか? それとも。。

まぐまぐの無料メルマガはこの10年という間、機能追加が何もないのです。普通のネットのサービスは機能追加があるものです。Eメールというシステムの限界、ということなのかもしれません。

逆に、数年前から強制的に広告が入り、広告を外したいなら有料プランに加入する必要がある始末です。

Eメール、終わっているのかもしれません。


さて、難訳・和英口語辞典 を読んでいます。

松本道弘先生による最新の辞書であり、英語に訳しにくい言葉について解説してあります。この本は辞書というよりも読みものです。ネイティブの発音にもかなり触れられているのが異色です。

いくつかご紹介。これらが、なぜこういう英語になるのかという解説が丁寧に書かれてあります。

愛人 the other woman
赤ちゃんは男の子だった。It's a boy.
花咲爺 alchemist
のめり込む lean in
ド根性 grit


今回は、単語の9割は覚えるな、という本をご紹介します。

この本、同時通訳者で英語学習サイトを運営している宮本大平先生による初著作で、同時通訳者の門外不出のテクニックを公開しているもの、となっています。

その中身ですが、日本語ネイティブが英語を話す際に、なるべく単語や文法を間違えないように、万能単語と万能表現を紹介しているものです。

万能単語とは、複数の、類似した、しかし微妙に使い分けが必要な単語群に対して、どの場合にも使える単語のことを言うようです。

万能単語として、最初に紹介されているのはmeetです。「会う」には、「約束をして会う」の意味でsee, 「偶然会う」の意味でcome across, run into, bump into, encounter等がありますが、これらすべてがmeetで表現できるというのです。

日本語で「会う」と言いたいときは、meetを使う、これが英語初心者が流暢にスピーキングするときのコツであり、同時通訳者も使っているテクニックということです。

一方、万能表現とは、日本語の文の語順を変えずに、そして、文法ミスをなるべくしないような表現のことです。

文法ミスをしない表現とは、時制の一致を考えなくてもよい表現、日本人には難しいとされる関係代名詞、無生物主語を避ける表現、などです。

本書で紹介されている万能単語、万能表現は、スピーキングにおいて、多くの語彙の選択に悩まずに、また、文法の選択に負荷をかけずに、しかも、文法的には正しい英語を即座に作るテクニックとして有効であると感じました。

著者が他のところで語っているのですが、日本語から英語への変換を瞬間的に行うのが同時通訳者には必要なスキルであり、そのためには語彙の選択と、文法操作に負荷をかけることない万能単語と万能表現が有用ということです。

もちろん、リスニング用に「残り9割」の単語や文法表現を知らないと、理解できないでしょうし、著者も英語を極めるためには、残り9割の単語や、文法をすべて覚えてくださいと言います。

私も、これらの万能単語、万能表現を使うことによりスピーキングを流暢にしていきたいと思います。


(2)で、Technology makes it easier for employees to check out the various options that are available to them とあります。

転職の選択肢を詳しく調べることのできるテクノロジーで、思いつくのは、social mediaのLinkedInです。

向こうのビジネスマンはたいていLinkedInを使っているようです。

LinkedInでは、自分のこれまでのキャリアを事細かく書きます。過去の同僚からの推薦の言葉なども載せられており、求人側としても採用活動に便利に使えます。

実際、私が載せている職種と同じ職種のjob offerも来ます。

--

例文暗記がマイブームなのですが、新たな試みとして、杉田先生のビジネス英語フレーズ800の例文を暗記するプロジェクトを開始しました。

期間は一年。週に15例文ずつ覚えていきます。

1人では続くわけがありませんから、勉強会仲間と定期的に会うことにより、モチベーション維持に努める計画です。

この本の前書きに杉田先生はこう書かれています。

フレーズだけでなく例文をまるごと覚えることで、リアルで多様な話題を英語で表現するための基礎的な力も養えます、と。


皆さんもやってみてはいかがでしょうか。
Amazon Primeビデオで、映画「復活の日」を見ました。草刈正雄が若い!

1980年の映画ですが、当時映画館で観ました。ラストシーンでオリビアハッセーが草刈に "You are right.(あなたの地震予知は正しかった)"と言っていたと、今日の今まで思っていたのですが、"You are alive.(生きていたのね)"だったことがわかりました。

角川映画ですが全編英語です。しかしゆっくりなので聞き取りやすかったです。


一流は、なぜシンプルな英単語で話すのか(柴田 真一  (著))を読みました。

NHK 入門ビジネス英語の講師でもある柴田先生は銀行員としてロンドン15年、ドイツ5年の海外勤務経験があります。

ノンネイティブが仕事現場で多くなっていく中、本書ではplain Englishの重要性を指摘し、85の表現と例文群、その解説から構成されています。

これらの表現を使いこなすために、ぜひ例文の暗記をしてみたいと思います。



新年あけましておめでとうございます。

 

新年の朝は音読で始めました。今年はいいスタートが切れそうです。

初詣では英語がペラペラになりますようにとお願いをしました。

 

さて、前回質問させていただいた件、掲示板にて解決しました。

 

質問したのは以下の部分。

Facts that took ages to find at our local library 

 

これは次の文と同じ形です。(オーレックス英和のtakeより)

These puzzles will take hours to solve.

このto不定詞は形容詞的用法なのですね。

 

英文を正しく解釈するには英文法力が欠かせないことを再認識しました。すでに文法の復習を年末から再開していますが、意を強くしました。

 

今年もこの二冊で復習します。

 

正統派はこちら。

英文法解説 江川 泰一郎  (著)

http://amzn.to/2hFIaCr

 

話すための英文法はこちら。難しい英文法用語が出てこないので、読みやすくもあり、調べにくくもあるのですが。

一億人の英文法  大西 泰斗  (著), ポール・マクベイ (著)

http://amzn.to/2hBtqkV

 

 

ビニエットの中身を見ていきます。

 

Table for One (1)では、最下行のoppositeは前置詞で~の向かい側に、という意味なのですね。前置詞としてのoppositeは初めて見ました。

 

(3)では、下から5行目の、make those dining alone feel welcomeで「一人客に歓迎されていると感じさせる」という意味ですが、welcomeは形容詞で「歓迎されている」という意味なのですね。一瞬、welcomedでなくていいのかなと思い辞書を引いてしまいました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まぐまぐ大賞2016が開催されています。


本メルマガをご購読してくださっている皆様、ぜひ下記のフォームから一票をお寄せいただきたくお願いします。


http://bit.ly/2eR4lBX

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



テキスト36ページの「今回のビニエット」に、「旅行」は気候変動にかなりの影響を与えていて、二酸化炭素排出量の5%を占めているとあります(航空機3%、ホテルおよび地上交通機関2%)。


つまり、エコツーリズムは全くの矛盾、ということになりはしないでしょうか。


環境に優しくあるためには、徒歩や自転車で移動するCO2-emissions-freeな方法で旅をすべきなのです。


たとえば、、東海道五十三次を歩く旅なんて良さそうです。


■■■


このYouTubeビデオをご覧ください。


A Conference Call in Real Life

https://www.youtube.com/watch?v=DYu_bGbZiiQ


電話会議の「あるある」が4分間にまとまっており、まさにリアルな内容になっています。私の経験でもまさにこんな感じだと思います。


この動画は「英語の仕事術: グローバル・ビジネスのコミュニケーション」という本の中で紹介されています。


この本では、英語での電話会議でのコミュニケーションのうまいやり方のほか、プレゼンや、グローバル会議のやり方を(英語以外の)コミュニケーションの観点で解説されています。


上記のような状況では何かと緊張するものですが、緊張するのは自然だそうで、緊張すると喉が渇くのだそうです。そんなわけで演台にはいつも水が用意してあるのだろうか、と思いました。


最終章は「コンフリクト」と題して、意見が合わない時の5つの解決法が示されています。


さっくりと気軽に読めるページ数でした。

Morning Rituals (1)に、


I never thought I'd see you come into the office at 8.


という文がありますが、これを聞いて驚きました。


というのも、Hoarding Disorder (3)で、


I never thought you'd do this to me.


という文があり、これは覚えたい表現だと思い、意図的に暗記していたからです。


これと全く同じ表現が、今回のビニエットに出てきて驚いた、というわけです。


つまり、暗記は重要である、ということです。



中村澄子先生と大里秀介先生の著書、TOEICテストで目標点数を出したあと、ビジネスで活躍するための英語勉強法 という本を読みました。


大里さんはTOEIC満点を取得後、カナダに2年間出向し、真のビジネス英語の世界に放り込まれました。そこでTOEICの問題を暗記することが、ビジネス英語で役に立ったというエピソードが書かれています。


TOEICはしょせんテスト、と思いがちですが、暗記することにより実際のビジネスでも使えるのですね。


ここで注目すべきは、暗記ということです。インプットなくしてアウトプットなしです。


TOEICテストで目標点数を出したあと、ビジネスで活躍するための英語勉強法

Infobistyを防ぐ3つの方法という記事を紹介します。

スマホはたいがいにしよう、ということが書かれてあります。

たしかに、電車の中でも、カフェでもスマホを眺めている人ばかりですからね。必要以上の情報を処理しているのは明らかです。

Infobesity: 3 Tips to Avoid This New Health Crisis

http://www.mindbodygreen.com/0-1739/Infobesity-3-Tips-to-Avoid-This-New-Health-Crisis.html



米国留学と駐在合計10年の著者が、英会話力について経験を語るKindle本が発売になりました。
英語を話すために、日本人の取るべきマインドセットが語られており、大変ためになりました。

英会話のクスリ: 米国留学+駐在3回で得たノウハウを一挙公開 Kindle版

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち05: 英語学習本の紹介カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは04: 実践ビジネス英語です。

次のカテゴリは06: 英語勉強法です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。