最近、文法をやり直しています。今は現在完了のところなので、ビニエットで現在完了について気になったことがありました。

 

とりあえずビニエットを見ていきます。

 

(4) しきりのあるラーメン屋について。このしきりがおひとり様のためかどうかはさておき、そもそもラーメン屋は一人で食べることになんの問題もない所ですね。昨日も近くのラーメン屋をのぞいてみたら、おひとり様が一席ずつ空けて黙々と食べていましたし。

 

一人カラオケはシャワールームの外で歌うのが気後れする人のため。これは両者の形が似ているということでしょうが、シャワールームの外で歌うという意味がよくわかりませんでした。

 

(5) Whatever floats your boat お好きなように

この文法解釈がわかりません。動詞がないですね。。(お分かりの方、ご教示ください)

 

(5) 下から8行目にafter their wife or husband has passed on (妻や夫を亡くしたあとに)と、現在完了が使われています。

 

ここは過去形でよいように思えますが、これは現在完了の継続用法であり「(過去から現在まで)亡くなり続けている」ということのようです。私には違和感のある表現です。

 

最近知ったのですが、これは肉体は死んでも魂は存在し続けるという西洋的死生観(肉体の死は「仮の死」で、最後の審判を待つ)に基づく表現のようです。(間違ってたらご指摘ください)

 

言語が宗教に影響を受けているのですね。。

 

(6) 最初の文、It has always bothered me when I've heard people sniff about someone not being married or having children. において、

when I've heard people sniff about が気になりました。なぜここが現在完了になるのでしょう。またしても「違和感」です。whenは時間軸のある一点を指すので、過去から現在までの幅を表現する現在完了形が続くのはおかしな感じです。

 

英文法解説 江川 泰一郎  (著)の237ページには、疑問詞のwhenは現在完了には使えないとあります。が、ここは疑問詞ではなく、副詞節です。

 

同じく240ページには、副詞節における現在完了は意味上は未来完了に相当するとあります。が、上の文は未来のことではありません。

 

ということでここはヘザーさんの誤用なのでしょうか。(間違ってたらご指摘ください)

 

コメントお待ちしております。

NHK実践ビジネス英語(徹底復習)掲示板

http://6923.teacup.com/bijiei/bbs

 

徹底復習終了です。

新年あけましておめでとうございます。

 

新年の朝は音読で始めました。今年はいいスタートが切れそうです。

初詣では英語がペラペラになりますようにとお願いをしました。

 

さて、前回質問させていただいた件、掲示板にて解決しました。

 

質問したのは以下の部分。

Facts that took ages to find at our local library 

 

これは次の文と同じ形です。(オーレックス英和のtakeより)

These puzzles will take hours to solve.

このto不定詞は形容詞的用法なのですね。

 

英文を正しく解釈するには英文法力が欠かせないことを再認識しました。すでに文法の復習を年末から再開していますが、意を強くしました。

 

今年もこの二冊で復習します。

 

正統派はこちら。

英文法解説 江川 泰一郎  (著)

http://amzn.to/2hFIaCr

 

話すための英文法はこちら。難しい英文法用語が出てこないので、読みやすくもあり、調べにくくもあるのですが。

一億人の英文法  大西 泰斗  (著), ポール・マクベイ (著)

http://amzn.to/2hBtqkV

 

 

ビニエットの中身を見ていきます。

 

Table for One (1)では、最下行のoppositeは前置詞で~の向かい側に、という意味なのですね。前置詞としてのoppositeは初めて見ました。

 

(3)では、下から5行目の、make those dining alone feel welcomeで「一人客に歓迎されていると感じさせる」という意味ですが、welcomeは形容詞で「歓迎されている」という意味なのですね。一瞬、welcomedでなくていいのかなと思い辞書を引いてしまいました。

スロートラベルとは、飛行機ではなく陸路や海路で旅をすること。そして旅で通ってきた道のりや目にする景色をよく味わうこと。

 

今回のビニエット(5)でこのように紹介されています。調べてみると日本でもスロートラベルという言葉は使われているようです。

 

スロートラベルの王道、それは寝台列車。アメリカのアムトラックの寝台列車の旅の経験を同僚に熱く語った際、全く響かなかったことがあります。なぜ、わからないんだ、という思いを覚えています。

 

しかし、時代はスロートラベルです。そんなに急いでどこへ行くのですか?

 

スローは最強なんです。ファスト(飛行機や新幹線)の場合、1時間の遅延でイライラが起きます。ファストでないところを見ると幻滅してしまうかもしれない。

 

でもスローの場合は何をしてもスロー。アムトラックで3時間の遅れが起きても問題なし。より長くその道のりが楽しめるから。スローの前では服従、全面降伏なんです。

 

。。。。話は変わり、、

 

Slow Living (1) テキスト10ページに Facts that took ages to find at our local library can now be found just about instantly. とありますが、ここのfindについて教えてください。

 

この文の主語であるFacts that took ages to find at our local library は、Facts took ages to find at our local libraryという文ですね。

 

このtookは、時間を必要としたという意味ですね。

 

何に時間を必要とした かというと、to find at our local libraryですね。この意味は和訳によると、地元の図書館で調べるのに、とあります。

 

ここで、調べるのは私たちであって、この文の主語であるfactsではありません。

 

ここがわかりません。つまり、Facts find at our local library.という文が成り立つものなのか。

 

ここで辞書を確認したところ、findは堅い文章では時や物、出来事を表す名詞(句)を主語とすることがある、とあり、例文として、Daybreak found us on the top of Mt. Fuji.(朝方には我々は富士山の頂上にいた)がありました(オーレックス英和)。

 

ランダムハウスでは、(人が)(捜せば)(人、物、事を)見いだせる、という語義とともに、You can find bears in these woods. (この辺りの森にはクマがいる) という例文があります。

 

これらの解釈で説明ができるのかはわかりません。

 

お分かりの方はこちらの掲示板までコメントを頂けますと幸いです。先日の私の質問には複数の方からメールを頂きました。ありがとうございます。私がメールを受け取るばかりではなく、複数のご意見を合わせることで真実に近づくことができるのではないかと思い、今回、掲示板を使ってみます。

 

NHK実践ビジネス英語(徹底復習)掲示板

http://6923.teacup.com/bijiei/bbs

 

 

話は変わり、、、

 

今まで使っていたMacBook Airの調子が悪いのでアップルストアのジーニアスバーで見てもらったところ、購入後5年経っており、"人間でいうと90歳" という診断を受けました。

 

そこで快適なメルマガ執筆環境のためにパソコンを新調しようと〇〇〇カメラに行ったところ、目についたのがマイクロソフトのコーナー。

 

ベンダー派遣の説明員を聞いているといつの間にかSurface ProとSurface Bookの製品比較となり、私はデスクトップ用途なのでBookですねー、とSurface Bookをお買い上げです。

 

本当は5万ほどの格安ノートを買う予定でしたが、なんということでしょう。

 

このSurface Bookは、タブレットにもなる2in1タイプで、このタブレットがとても軽いです。

 

ペンが付属しており、お絵かきが得意です。写真が趣味な人は写真編集が色々と楽しめます。

 

大事に5年、使います。

 

12月31日まで最大40,000円のキャッシュバックやってます。

http://amzn.to/2isb7Q1

 まぐまぐ大賞2016は残念ながら語学部門のトップ5には入りませんでした。投票くださった皆様、ありがとうございました。結果はこちらです。http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/ 

 

以前、このメルマガで音読、特に速音読のことを熱く語っていましたね。最近はやや形を変えて音読をしております。

 

それは、「30回音読」です。一文ずつ、30回音読していくのです。翌日、覚えているかをテストして、覚えていなければまた、30回音読です。

 

ようは、暗記するということです。暗記こそ英語学習の基本であり、私たちがおろそかにしているところではないでしょうか。様々な学習法があるものの、今は、基本に立ち返り、暗記、これに重点をおいて学習していきたい、これがすべて取っ払った結論です。英語をやる以上、暗記から逃げてはだめなのです。

 

さて、ビニエットを見ていきましょう。

 

Slow Living (1)では、colorに悪い方向に影響を与えるという意味があることを知りました。

 

(2)では、2行目に、Though in our defenseとありますが、これは、Though this is in our defensethis isが省略されているのだと理解しました。

 

同じく10行目に、I'm usually willing toと、be willing toがでてきます。これは、~してもいい、という消極的な感じの意味でいいのですよね(喜んで~する、ということではないという意味)。

 

同じく下から8行目に、wade throughで、本を苦労して読む、というのが出てきます。アメリカにいたときに、噴水の池の前に、Don'd wade through という注意書きがあったのを覚えています。その時に調べて、wade throughを水をかき分けて歩く、という意味で覚えていましたが、本を苦労して読むという意味もあるのですね。

 

(3)では、下から3行目のI can spend it onに注目しました。このitは何かなと思って分析しました。

 

spend (時間) on (やること)、という構造なので、spend (the time saved) on (all the meaningful activities) なのかなと思っています。

 

(3)では、unsubscribe fromも出てきて、逆の言い方は、subscribe toであると、放送で解説がありました。from、toと前置詞が変わる所に注目です。Unsubscribe from a number of newsletterとは、メルマガを解除したということですね。私にとってはヒヤリとする表現です。

 

ビニエットの振り返りはこれくらいにして、冬本番を迎え、体調管理を万全にしようと加湿器を買いました。ある健康情報サイトで知ったのですが、寝ている間は免疫力が落ちるため風邪をひきやすいのだそうです(ちゃんとした監修がついているのかは未確認。。)

 

そこでおすすめなのが、マスクをして寝る(のどの保湿)、加湿器、空気清浄機、布団の頻繁な掃除機掛けだというのです。

 

そこで加湿器を買ったというわけです。加湿器といってもスチーム式、超音波式、などタイプがあるのですが、スチーム式が最も加湿性能が高いと量販店の販売員の方が言っていました。超音波式のほうは、さまざまなデザインが可能になるということらしいです。目的からいって、ここはスチーム式を買いました。

 

早速使ってみたのですが、居間でエアコンと併用すると暖房効果が高くなることが実感できます。湿気があると暑く感じるのということです。また、寝る間にも使用したのですが、寝ているのでよくわかりません。

 

これからは加湿器、空気清浄機、マスクの3点セットで就寝中の風邪予防に備えます。

 

今回購入したのは、象印スチーム加湿器 EE-RL35-CAです。象印だけに、ぱっと見は電気ポットです。電気ポットよろしく、水が沸かされ、上部より勢いよく湯気が出てくる仕組みです。掃除や水の入れ替えのメンテナンスが簡単なのが売りです(と販売員さんが言っていました)。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

最近のコメント

アイテム

  • 2015-02-22 14.02.41.jpg
  • 2015-02-13 20.15.13.jpg
  • 2015-02-07 15.22.28.jpg
  • スクリーンショット 2015-02-06 23.09.40.png
  • 2015-01-25 12.08.44.jpg
  • スクリーンショット 2015-01-24 10.04.17.png
  • mag2year_free_0000147095.png
  • 2015-01-01 16.08.40.jpg
  • 2014-12-05 13.28.42.jpg
  • 2014-11-29 14.37.01.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。