NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!でタグ「酒井穣」が付けられているもの

日向先生のブログ[1]で紹介されていたので、白井恭弘著の
「外国語学習の科学(岩波新書)[2]」を読みました。

第二言語習得論の最近の進展をまとめたものですが、
要は第二外国語としての英語を学び方の研究結果を
一般に還元しているものです。

第6章の「効果的な外国語学習法」が我々学習者には大事ですが
以下のような目次になっています。

 - 分野をしぼってインプットする
 - 例文暗記の効用
 - アウトプットは毎日、少しでも
 - コミュニケーション ストラテジーを使う
 - 無意味学習と有意味学習の違い
 - 単語は文脈の中で覚える
 - 発音、音声はまねることから
 - 「文をつくれる」くらいの基本的な文法も
 - 動機付けを高める
 - 学習ストラテジーは自分にあったものを

私も自らの体験から独自の学習法を編み出してきていますが、
大筋間違ってはいなかったという感想です。ただアウトプット
が少ないという認識ではいますので、何らかの対応をしていき
たいと思います。

アウトプットにおいてはリハーサルの重要性が書かれています。
つまりスピーキングの前に練習するということですが、
声に出さずに頭の中でつぶやくことも脳に対しては同じ効果がある
という結果も出ているようです。つまり、英語を頭の中でつぶやく
ことはスピーキングに対して効果的であるということです。

本書は、白井恭弘さんの前著「外国語学習に成功する人、しない人[3]」
の続編ということですが、酒井穣さんの「英会話ヒトリゴト学習法[4]」
では前著がヒトリゴト学習法の効用を歌った本として取り上げられています。


[1] 日向先生のブログ 
    http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2008/10/post_503.html

[2] 外国語学習の科学(岩波新書)白井恭弘著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4004311500/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22

[3] 外国語学習に成功する人、しない人 白井恭弘著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4000066005/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22

[4] 英会話ヒトリゴト学習法 酒井穣著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4569703461/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22
先日購入したとここで書いた「英会話ヒトリゴト学習法」
(酒井穣 著)を読みました。

課長本、戦略本に続く第3弾が英語本ということで、
私としては大いに期待して読みました。

書評を書きましたのでまずはこちらをお読みください。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/11/06/hitorigoto/index.html


本書では英語学習の目的に「アルターエゴの確立」という新たな
観点を与えています。

また、スピークング、リスニングについての実践的な訓練法も
ありますので参考になることも多いです。

このヒトリゴト訓練法、実際に試してみたところ、1週間は
続いています。これを今後継続できるかできないかは
私次第。。


英会話ヒトリゴト学習法
http://www.amazon.co.jp/dp/4569703461/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22




課長本、戦略本でヒットを飛ばしている酒井穣さんの3作目は
なんと英語本!!でした。

オランダで仕事をしている酒井さんの英語に関する戦略が
学べることでしょう。さっそくAmazonに注文しました。

英会話ヒトリゴト学習法
http://www.amazon.co.jp/dp/4569703461/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22
金曜日に酒井穣さんの講演会に行ってきました。
「あたらしい戦略の教科書」
の購入者から抽選で当たった40名ほど
の人がいました。

今回は酒井さんの在住しているオランダについてのプレゼンでした

全般にわたる話のポイントは「差別化」という言葉だったように
思います。

オランダがヨーロッパの大国の中で、人口が日本の8分の1という
小国ながら、なぜ大国に併合されずに生き延びているか。

それはオランダの戦略があったからなのです。それが「差別化」。

また、オランダは麻薬や売春宿が合法化されていることで有名ですが
それはオランダなりの「問題を直視する現実主義」からくる政策。

麻薬中毒者を測定可能にすることにより管理可能にするという
「徹底的なコントロール」を主義とするオランダの別の側面を反映
したものであること。

このような「戦略」は、残念ながら日本にはないということです。

課長本、戦略本の次の一冊は何ですか?という会場からの質問は
はぐらかされ、今までとは違う内容ということでしたが、私としては
オランダと日本の国民性の違いに関する考察などを読んでみたいです。

酒井穣さん、文章もうまいが、しゃべりもうまい!


あたらしい戦略の教科書
http://www.amazon.co.jp/dp/4887596448/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。