NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!でタグ「勉強法」が付けられているもの

日向先生のブログ[1]で紹介されていたので、白井恭弘著の
「外国語学習の科学(岩波新書)[2]」を読みました。

第二言語習得論の最近の進展をまとめたものですが、
要は第二外国語としての英語を学び方の研究結果を
一般に還元しているものです。

第6章の「効果的な外国語学習法」が我々学習者には大事ですが
以下のような目次になっています。

 - 分野をしぼってインプットする
 - 例文暗記の効用
 - アウトプットは毎日、少しでも
 - コミュニケーション ストラテジーを使う
 - 無意味学習と有意味学習の違い
 - 単語は文脈の中で覚える
 - 発音、音声はまねることから
 - 「文をつくれる」くらいの基本的な文法も
 - 動機付けを高める
 - 学習ストラテジーは自分にあったものを

私も自らの体験から独自の学習法を編み出してきていますが、
大筋間違ってはいなかったという感想です。ただアウトプット
が少ないという認識ではいますので、何らかの対応をしていき
たいと思います。

アウトプットにおいてはリハーサルの重要性が書かれています。
つまりスピーキングの前に練習するということですが、
声に出さずに頭の中でつぶやくことも脳に対しては同じ効果がある
という結果も出ているようです。つまり、英語を頭の中でつぶやく
ことはスピーキングに対して効果的であるということです。

本書は、白井恭弘さんの前著「外国語学習に成功する人、しない人[3]」
の続編ということですが、酒井穣さんの「英会話ヒトリゴト学習法[4]」
では前著がヒトリゴト学習法の効用を歌った本として取り上げられています。


[1] 日向先生のブログ 
    http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2008/10/post_503.html

[2] 外国語学習の科学(岩波新書)白井恭弘著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4004311500/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22

[3] 外国語学習に成功する人、しない人 白井恭弘著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4000066005/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22

[4] 英会話ヒトリゴト学習法 酒井穣著
  http://www.amazon.co.jp/dp/4569703461/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22
友人の小川慶一さんの英語学習本が、
アルファブロガーの大橋さんの
ブログに取り上げられています。

6ヶ月でTOEICのスコアを500点から900点に引き上げる勉強法+時間術
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=752


第二段の教材編では、我らがビジネス英語が一押しとなっています。
本メルマガも紹介していただいているようです。

続・6ヶ月でTOEICのスコアを500点から900点に引き上げる勉強法 ~参考書籍編
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=756
読者の方から「リスニングの勉強法を教えてください」と、
聞かれました。そこでビジ英を使ったリスニング勉強法に
ついて考えます。

私自身も以前よくやったものに「音読」や「ディクテーション」
がありますが、今回はこれとは違う方法です。

まずは放送を聞きます。わからないところが出てきたら、
聞き取れない所をテキストで確認します。そして、またテキスト
を閉じて聞きます。このようにして英語の音とスペルが一致する
ように頭を慣らしていきます。

簡単そうですが、ちゃんとやると時間はかかります。

今回のビジ英のレッスンMidlife Crisisでこれをやりましたが
(4)が特にてこずりました。キンケード早口すぎ。

この方法は私の友人である小川慶一さんの名著「英語嫌いの
東大卒が教える私の英語学習法」を応用したものです。


英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法 小川 慶一
http://www.amazon.co.jp/dp/4756908624/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22
みなさん英語学習法には興味がおありと思いますが、
ユニークな英語学習法を募集しているサイトがありましたよ。

ユニークな英語勉強法、求む! - Amazonギフトカードが当たるコンテスト開催
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/31/018/
前回お知らせした「偏差値30からの英語やり直し学習法」
という本を読みました。

著者の鈴木拓さんは高校時代、偏差値30くらいで苦しんでいま
したが英文法を基本から勉強することで一気に偏差値70超えを
達成し希望大学に合格、大学時代にTOEIC900、そして新形式で
990点を達成するという輝かしい上達を成し遂げた方です。

鈴木さんによると英語上達の秘訣は、語彙、英文法、リスニング
にあり、初心者にとっては特に英文法がポイントであるというこ
とです。

英文法における鈴木さん独自の英語の型の捉え方が私も
参考になりました。初心者の方には非常に有効な文法の
捉え方だと思いました。

私が特に有益だったのは、単語の暗記法とリスニングです。

単語の暗記は最初はDUOなどの市販の単語帳を覚えていくのですが、
大量に、繰り返し、覚えていくという方法は理にかなっている
ように思います。

リスニングについても最初はリスニング教材を繰り返し聞く、
そして上級者は海外ドラマなどの「生英語」へ移行するべき
という指針は見事です。


「偏差値30からの英語やり直し学習法」

詳しくはこちら↓
http://book.30eigo.com/honda.html


海外ドラマでは「フレンズ」がおすすめされています。
アマゾンで調べて見るとDVDセットが2000円程度と安く
なってます。早速注文しました。

フレンズ I ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1
価格:¥ 2,065
http://www.amazon.co.jp/dp/B0009Q0JEM/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22
mixiの「自宅でパスタ」コミュで見つけたレモンパスタを作ってみました。

レモン汁、オリーブオイル、塩、胡椒をそれぞれ適量混ぜ、ゆでたパスタを絡め、最後にパルメザンチーズをかけるというシンプルなものです。

ただ、適量の感覚が違っていたらしく塩辛いものとなってしまいました。がっくし。



さて、前回、リンクだけご紹介した下記のブログですが私も読んでみました。


英語落ちこぼれ→取りあえずTOEIC935点のsergejOが贈る
大人から始める英語講座 index&まとめ

http://d.hatena.ne.jp/sergejO/20080624/1214234591


作者は翻訳家の方のようです。
続けることが大切であり、そのための時間捻出術について。
発音の大切さと、単語の覚え方、文法などのテキストを紹介。
我らが実践ビジネス英語も入門と共にお勧めされています。
最後はTOEIC対策の勉強法となります。

一度ご覧になってみるとよいでしょう。
先週、会社の人との飲み会があったのですが、
週末にテニスをしている方がいました。

私の週末はメルマガ執筆なのですが、今日はテニスと英語の
類似点について考えてみます。

テニスと英語の取得には二段階があるように思います。

<第一段階>

テニスの初心者はまず、ラケットの振り方を覚えます。
フォアハンド、バックハンド、そしてサーブです。
これらには型があるので、コーチから正しく型を教えてもらう
必要があります。自己流では後で伸びません。

テニスのラケットの振り方とルールを覚えた人は、じゃあ試合が
できるかというと、まだできません。試合という実践の場では
覚えているはずの正しい振り方ができないためです。

一方、英語学習では、簡単な単語と文法を覚え始め、文型などの
型を覚えます。

テニスと同様に英語も単語と文法を覚えるだけでは、話せるように
はなりません。外国人を目の前にして、言いたいことがすぐ出て
こないという段階です。あとからゆっくり考えれば英文を作ること
はできるのにとっさには英語が出てきません。

ほとんどの英語学習者はこの段階でつまづいているのではないで
しょうか。


<第ニ段階>

次の段階に行くために必要なことは何でしょうか?

テニスで考えると簡単です。ラケットの素振りや、ボールを使った
相手とのラリーの練習を行い、考えなくても正しい振り方が
できるように、身体の記憶にしみ込ませます。

野球の守備練習を通して自然に身体が動くように訓練するのも
同じことです。

このようにあらゆるスポーツに共通することです。

これらより、英語も単語と文法を覚えただけでは、しゃべれるよう
にはならないということが自然と理解できます。いや、しゃべれる
はずがあるわけがありません。

その場の状況に応じた正しい受け答えができるようになるためには、
その場で英作文を高速で行っていてはダメなのです。

考えなくても自然と英語が出てくるようになっていなければ
実践では使い物にはなりません。

そのために必要なことは、そう! トレーニングなのです。
トレーニングなくして英語上達はありえないという真理に
あらためて気づいた土曜日の朝でした。

そういう観点で英語上達者の勉強法を見てみると、
やはり音読というトレーニングがよさそうです。


今、おすすめのトレーニング法はもちろんこれです。

英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 岩村 圭南
http://www.amazon.co.jp/dp/4140394013/ref=nosim/?tag=englishbbss05-22


月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。